Home » 住の活動の事業内容 » 住の活動の理念

住の活動理念

近年、我が国では、他に類を見ないほどのスピードで社会の高齢化が進行しており、伴いこの湘南エリアでも

単身・独居の方は増加傾向にありその結果、「空き家問題」も深刻化しています。

こうした中、住の事業では空家再生研究会を立ち上げました。

失われつつある地域のコミュニティの再生を目標として、体験施設、交流施設、創作活動施設、文化施設、

またはシェアハウス等に空家を再生します。

また災害時にも協力しあえるような住民同士のつながりや絆を深めるような事業を行います。

そしてこの地域に暮らしてよかったと思う街づくりに貢献します。

<ミッション>

・地域に融和した空家の活性化に関する事業

・災害・緊急避難場所としての空家再生事業

・空家再生の連鎖=持続可能な街として空間再生事業

・空家再生と街空間再生事業の実証実験

IMG_0683IMG_0685

<空家再生研究会とは>

社会問題化する「未活用の空家」の活性化対策を考えています。

この問題と向き合い、所有者の意向ともすりあわせながら空家に関する課題抽出・解決のための情報発信、

意見交換などを通じて、次世代に古き良き時代の建築を残すために空き家の利用・活用方法・管理方法などを

考え、その実践に取り組んでいます。

 

「空家再生研究会」Facebookページはこちら

>>https://www.facebook.com/akiyasaisei

 

空き家をきちっと管理し利活用することで「まち」も「人」も元気になります。

 「おはよう。こんにちは。こんばんわ。」

「いってらっしゃい。お帰りなさい。」

 「人となり」がわかったご近所さんとの暮らしで「笑顔」で挨拶

豊かなコミュニティがある「安心、安全」な暮らしも実現できます。

 (市民活動団体「すまいる」は、特定非営利活動法人(NPO法人)として2013年4月認可を受けました。)

 

視点

1 モノ中心の社会から生活重視の社会へ
2 大量画一生産から一人ひとりのニーズ重視へ
3 多世代型の再開発とすまいづくり
4 子どもから高齢者まで安心して暮らせるまちづくり
5 地域コミュニティの再構築
6 さまざまな組織との連携

経営方針

1 地域に暮らす人たちの満足
2 恊働スタッフたちの満足
3 経営の安定

お問い合わせ・オリエンテーション

すまいる住の活動「空家再生研究会」では、現在のすまいの悩みに関してのご相談・ご質問承ります。     お問い合わせフォームよりご連絡ください。

空き家活用・マイホーム借上げ制度に関してのオリエンテーションを随時開催しております。
オリエンテーション参加フォームよりご連絡ください。