Home » 鵠沼の家〜古民家空き家の売却相談と街並み景観を考える

鵠沼の家〜古民家空き家の売却相談と街並み景観を考える

 

鵠沼某所、築70年の古民家がある大きな土地の売却と街並み景観の維持を願う

オーナー様より空き家となって使われていない「古民家」の再生のご相談があります。

現地は、写真のように鵠沼らしい景観、黒松と石積みがのこる素晴しい住宅地の一角です。

鵠沼桜が岡の家-4 IMG_2415 IMG_2363  IMG_2353 鵠沼桜が岡の家-7 鵠沼桜が岡の家-10

数寄屋建築の縁側からみる庭の風景はため息が出るほど素晴しいものです。

今の時代建物をそのままに、この大きな敷地を購入し、住宅として利用する方を

見つける事は簡単ではなく、かつ建物をそのままお使い頂ける方との出会いも

簡単ではありません。それでも、素晴しい建物を、この景観そして街並みを

残す事には意義がありますので、私達も微力ながら地元不動産会社さんと手を

組みお手伝い出来ればと思います。

空き家活用は、まちづくり事業とつながります。次世代に良い物をきちっと残し

伝える事の大切さも空き家問題解決の一部ではないでしょうか。

継続してこちらの取組みはレポートさせて頂きます。